コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラン(蘭)嶼 ランしょLan yu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラン(蘭)嶼
ランしょ
Lan yu

タイワン (台湾) 本島の南端から東方約 60kmにある島。タイトン (台東) 県に属する。周囲約 38km,面積約 45km2。フィリピン諸島から続く海底火山脈に属し,全島が溶岩山地である。気候は熱帯性。ホントウ (紅頭) 嶼と呼ばれていたが,第2次世界大戦後,自生のランが多いことからラン嶼と改められた。住民はフィリピン北部バタン諸島の住民と同系統のヤミ族で,六つの集落に住む。かつて他の部族から襲われたことがなく,原始共産制に近い社会である。家は草屋根,板敷きで,台風を避けるために床は低く,周囲を石垣で囲んでいる。常食はタロイモと魚。主都は南西岸のランユイ(蘭嶼)。対外交通は空路と海路でタイトン(台東)市に通じる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone