コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラン(蘭)嶼 ランしょLan yu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラン(蘭)嶼
ランしょ
Lan yu

タイワン (台湾) 本島の南端から東方約 60kmにある島。タイトン (台東) 県に属する。周囲約 38km,面積約 45km2。フィリピン諸島から続く海底火山脈に属し,全島が溶岩山地である。気候は熱帯性。ホントウ (紅頭) 嶼と呼ばれていたが,第2次世界大戦後,自生のランが多いことからラン嶼と改められた。住民はフィリピン北部バタン諸島の住民と同系統のヤミ族で,六つの集落に住む。かつて他の部族から襲われたことがなく,原始共産制に近い社会である。家は草屋根,板敷きで,台風を避けるために床は低く,周囲を石垣で囲んでいる。常食はタロイモと魚。主都は南西岸のランユイ(蘭嶼)。対外交通は空路と海路でタイトン(台東)市に通じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ラン(蘭)嶼の関連キーワードミカロワロワチ・ア・ガナムバラチンギ・ヤ・ガナムタイトン(台東)市ルー(緑)島

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android