コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランフラットタイヤ ランフラットタイヤ run-flat tire

3件 の用語解説(ランフラットタイヤの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランフラットタイヤ
ランフラットタイヤ
run-flat tire

パンクしてもある程度の距離を安全に走行できるタイヤパンク時の事故回避とスペアタイヤが不要になるという利点がある。以前からタイヤメーカーの間で研究開発がなされてきたが,商品化された例は少ない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ラン‐フラットタイヤ(run flat tire)

flat tireは、空気の抜けたタイヤの意》パンクしても何百キロかは、ほとんどそのままの速度で走り続けられるタイヤ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ランフラットタイヤ
らんふらっとたいや
run-flat tires

パンクしても所定のスピードで一定距離を安全に走行できるタイヤのこと。このタイヤを装着すれば、パンクに起因する操縦性の悪化による事故や、路上修理中の追突などが避けられるほか、スペアタイヤを搭載する必要がなくなるため、荷室の有効活用のほか、車両重量の軽減による燃費向上も期待できる。また、パンクが減った現在では、ほとんど使われずに廃棄されているスペアタイヤが不要になるため、資源節約にもつながる。
 1980年代に入ってから小規模ながら実用化が始まった。当初は通常のタイヤと比べて乗り心地が硬くなる傾向にあったが、近年では改善が著しく進み、国内外の乗用車で標準装着が進んでいる。空気が抜けた場合に、タイヤ側面のゴムで重量を支える「サイドウォール強化タイプ」と、内部に備えた中子(なかご)が重量を支える「中子タイプ」の2種類が開発されている。現在では前者の「サイドウォール強化タイプ」が主流である。これは、パンク時にタイヤ側面にあるサイド補強ゴムとよばれる部分が荷重を支えることで、走行を可能にしている。このため、パンク時にタイヤがホイールから脱落しないように、通常より太いビード(耳)を備えた構造になっている。
 技術上は、適合するサイズがあれば、通常のタイヤを備える車にもランフラットタイヤを装着することが可能だが、ランフラットタイヤの場合、タイヤがパンクしてもドライバーが気づかないことがあるため、パンクによる空気圧の低下を警告灯で知らせるタイヤ空気圧モニタリングシステム(tire pressure monitoring system:TPMS)の装着が必須である。一般的なタイヤと比べて、価格は高くなる。[伊東和彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ランフラットタイヤの関連キーワード大圏航路天頂距離オドメーター距離標導灯ガウスの結像公式(レンズ)タクシー運賃制動停止視距マップメジャーウエーブダッシュ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ランフラットタイヤの関連情報