コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラン藻 ランそうCyanophyta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラン藻
ランそう
Cyanophyta

核膜を持たない原核生物で,海中にすむ植物プランクトン。世界中の海洋に生育しており,光合成を行なうことができるため,地球上の酸素の大きな供給源として重大な意義を持つ。また,ラン藻は,原始大気中に多量の酸素を放出し,その結果,現在の陸上生物の生存が可能になったとされる。チラコイドに似た膜系を光合成器官として持つなど,葉緑体と構造・機能ともに共通する点が多く,このためラン藻を葉緑体の起源とする説もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ラン藻の関連キーワードスイゼンジノリ(水前寺苔)ネンジュモ(念珠藻)バイオプラスチックラン藻類(藍藻類)トリコデスミウムストロマトライトアオコ(青粉)ハメリンプールスイゼンジノリフランネルゴケアカウキクサクロロフィルカブトゴケネンジュモコリシウム単細胞生物ベギアトアスピルリナ核(生物)イワノリ

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラン藻の関連情報