コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リッセ リッセRisse, Heinz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リッセ
Risse, Heinz

[生]1898.3.30. ジュッセルドルフ
[没]1989.7.17. ゾーリンゲン
西ドイツの小説家。長い間実業に従事,50歳で文筆活動に入る。現代の正義,罪と責任,良心などをテーマとし,理想の人間性を求める。主著『地の揺らぐとき』 Wenn die Erde bebt (1950) ,『そしてその日が来た』 Dann kam der Tag (53) 。

リッセ
Lisse

オランダ西部,ゾイトホラント州の町。ハールレムとライデンの中間に位置し,北隣のヒレホムとともにオランダの球根栽培地帯における二大取引中心地をなす。国立球根学校および同試験場がある。 1950年に始った花卉展示会 (3~5月) は,17世紀の城館の農園で行われる。毎年4月,南隣のサッセンハイムやヒレホムから交替で出発する「チューリップの日曜日」のパレードも有名。球根選別機,出荷用木箱製造も行われる。人口2万 1372 (1992推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

リッセの関連キーワードフィリップ ジャルスキービアンカ ピッツォルノキューケンホフ公園ニコライ モロゾフ世界のおもな植物園シリッセリブルグメルビン ギブス12月10日ウリヤーノフブラジル文学ミッレミリアイワン6世9月11日ワリンスキユリシーズグレシックムーブマンラドガ湖ノビコフブスト

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リッセの関連情報