リレハンメル(英語表記)Lillehammer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「リレハンメル」の解説

リレハンメル
Lillehammer

ノルウェー南部,オプラン県県都。オスロ北北西約 130km,ローゲン川ミエーサ湖に流入する地点に位置する。グドブランスダールの渓谷地帯の入口で,夏は保養客,冬はスキー客でにぎわう。ノルウェー各地の農家などを集めた野外博物館作家 B.ビョルンソンの家 (国の記念物) などがある。 1994年冬季オリンピックの開催地。人口2万 5816 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「リレハンメル」の解説

リレハンメル
りれはんめる
Lillehammer

ノルウェー南東部、ミエサ湖の北端近くにある町。人口2万4810(2002)。周囲は松林や農園で囲まれ、冬はスキー、夏は乗馬やハイキングなどが楽しめる観光中心地。織物、木材、パルプ、紙、製粉などの工場も立地する。1994年に冬季オリンピックが開催された。

[竹内清文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「リレハンメル」の解説

リレハンメル(Lillehammer)

ノルウェー南東部の都市。ミョーサ湖北端に位置し、観光保養地としても知られる。林業、製紙産業が盛ん。1994年冬季オリンピックの開催地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android