コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

記念物 キネンブツ

世界大百科事典 第2版の解説

きねんぶつ【記念物】

文化財のうち,いわゆる遺跡,名勝,天然記念物の3者をあわせた,主として法律上の概念。動物関係の一部,たとえばコウノトリやオオサンショウウオのように,種を特定する場合を除いて,ほとんどが土地に密着した文化財であることを特徴とする。〈紀念物〉の語は1919年制定の〈史蹟名勝天然紀念物保存法〉に初めてみえるが,〈天然紀念物〉に限定されている。現在の用法になるのは,1950年制定の現行文化財保護法からである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きねんぶつ【記念物】

記念となる物。
文化財保護法上の文化財の一。学術・歴史・芸術などの上で価値の高い遺跡や名勝地、動物・植物・地質鉱物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

記念物
きねんぶつ

文化財の分類の一つ。以下の三種に大別される。(1)貝塚、古墳、都城跡、城跡、旧宅等の遺跡で国にとって歴史上または学術上価値の高いもの、(2)庭園、橋梁(きょうりょう)、峡谷、海浜、山岳その他の名勝地で国にとって芸術上または鑑賞上価値の高いもの、(3)動物(生息地、繁殖地および渡来地を含む)、植物(自生地を含む)および地質鉱物(特異な自然の現象の生じている土地を含む)で国にとって学術上価値の高いもの。
 これらのうち重要なものについては、国が文化財保護法に基づき、それぞれ史跡、名勝、天然記念物(その中でもさらに重要度の高いものは特別史跡、特別名勝、特別天然記念物)に指定、保護を図っている。また、その他に、登録制度に基づく登録記念物もある。2014年(平成26)10月1日時点での指定件数は、史跡1724件(うち特別史跡61件)、名勝378件(うち特別名勝36件)、天然記念物1012件(うち特別天然記念物75件)となっている。[佐滝剛弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

記念物の関連キーワードいちのせき厳美オートキャンプ場マウントラシュモア国立記念物広島県庄原市東城町帝釈宇山オガサワラセスジゲンゴロウ島根県隠岐郡隠岐の島町布施佐賀県嬉野市嬉野町不動山乙熊本県熊本市南区城南町隈庄奈良県宇陀市大宇陀区小附高知県香南市香我美町上分佐賀県佐賀市富士町下合瀬熊本県天草市天草町下田南熊本県玉名市岱明町大野下秋田県仙北市西木町小山田新潟県上越市浦川原区虫川茨城県東茨城郡茨城町大戸茨城県久慈郡大子町外大野群馬県渋川市赤城町溝呂木岩手県下閉伊郡岩泉町安家香川県三豊市詫間町志々島グレートジンバブエ遺跡

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

記念物の関連情報