コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リレーショナルデータベース リレーショナル データベース

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

リレーショナルデータベース

あるテーブルの行をほかのテーブルの行と関連づけて処理できるデータベース。データベース同士を結合したり、データベースから特定のフィールドを取り出して別のデータベースを作成したりできる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

リレーショナル‐データベース(relational database)

データベースの方式の一。また、その方式で設計されたデータベース。データを複数の項目で構成された表で表す。固有の管理番号や項目名により、データを容易に抽出したり、結合したりできる。コンピューターを利用したデータベースの中では、最も一般的に利用されている。リレーショナル型データベース。関係データデース。RDB

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リレーショナルデータベース
relational database

データベースの形式の一つで,項目と項目とがどのような関係 (リレーション) で結合されているかという点を重視して表のかたちで情報を整理することを考えたもの。種々の異なった関係の表として表現しているため,表操作の感覚でデータの検索,入力,更新,追加,削除を実行することができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

リレーショナルデータベースの関連キーワードOracle Database4th Dimensionデータベース管理システムマイクロソフトアクセスリレーショナルDBMSPostgreSQLオラクル(企業名)関係データベースAccessデータモデル関係モデルROLAP参照整合性dBASERDBMS連鎖更新関係代数内部結合外部結合ビュー表

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android