リーフマン(英語表記)Liefmann, Robert

  • 1874―1941
  • Robert Liefmann

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1874.2.4. ハンブルク
[没]1941.3.21. ピレネーザトランティク,モーラス
ドイツの経済学者。ミュンヘンフライブルク,ベルリン各大学に学び,L.ブレンターノ,M.ウェーバーA.ワーグナー,G.シュモラー師事。 1900年ギーセン大学私講師,04年フライブルク大学員外教授,14年同大学名誉教授。理論面では主観的要素を強調して一種の限界効用学説を唱え,実証面では早くから産業における独占体の研究を行い,独占形態の概念規定を明確にし,膨大な実証をもってこれを裏づけた。なお独占体が資本主義的生産の無政府性を回避するとみる点で歴史学派的な楽観的態度を受継いでいる。主著『企業合同論』 Kartelle und Trusts (1905) ,『企業形態論』 Die Unternehmungsformen (12) ,『経済学原論』 Allgemeine Volkswirtschaftslehre (24) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドイツの経済学者。ハンブルク生まれ。ミュンヘン大学およびフライブルク大学に学ぶ。1904年フライブルク大学助教授、1914年から1933年まで同大学教授。彼の学説は、『経済原論』(1924~1927)に現れているように、オーストリア学派の主観的、心理的要素を強化した点に特色がある。しかし彼の業績の中心は、企業形態とくに独占企業の形態の研究と、それに関連した資本主義の規定である。前者については『カルテル、コンツェルン、トラスト』Kartelle, Konzerne, Trusts(1905)、『企業形態論』Die Unternehmungsformen(1912)などがあり、カルテルの分類、持株会社や監査会社の性格規定について、先駆的見解を示した。後者については『資本参与と金融会社』Beteiligungs und Finanzierungsgesellschaften(1909)において、証券資本主義Effektenkapitalismusという名称を初めて用いた。

[森本三男 2018年12月13日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1874年2月4日
ドイツの経済学者
1941年

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android