コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルコンプトン憲法 ルコンプトンけんぽうLecompton Constitution

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルコンプトン憲法
ルコンプトンけんぽう
Lecompton Constitution

1857年アメリカ,カンザス准州のルコンプトンで奴隷制支持派によって作成された憲法。奴隷制保持の条項と,自由黒人を排除した権利章典を含んでいた。南北戦争前の南北対立の一要因をなす。カンザスでは奴隷制をめぐる葛藤が続き,奴隷制支持派と反対派がそれぞれ異なる政府を樹立して争い,連邦議会もこの問題をめぐって紛糾していた。 58年1月にカンザスで行われた選挙では奴隷制反対派が勝利したが,J.ブキャナン大統領はカンザスがこの憲法下でアメリカに加盟することを勧告した。問題はますます紛糾したが妥協がはかられ,住民の意志を問う再選挙が行われて再び奴隷制反対派が勝利し,奴隷制禁止をうたったワイアンドット憲法のもとで 61年1月 29日カンザスは自由州として連邦に加入した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ルコンプトン憲法の関連キーワードインドの大反乱ケクレ歌沢大和大掾シュラーギントワイト[兄弟]ガーディナーシュネーダースウェンソンストックブリッジ新渡戸まり子バルツェル

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android