コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルッツァンテ ルッツァンテRuzzante

2件 の用語解説(ルッツァンテの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルッツァンテ
ルッツァンテ
Ruzzante

[生]1502. パドバ
[没]1542. パドバ
イタリアの喜劇作家。本名 Angelo Beolco。ルッツァンテは通称。早くからペトラルカ風の詩作をし,若い貴族の仲間たちと演劇活動を行なった。農民の粗野で官能的な愛や狡智を人間的な共感に満ちた視点で取上げ,パドバ方言を用いて書いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ルッツァンテ【Ruzzante】

1500ころ‐42
イタリアの劇作家,俳優。本名はアンジェロ・ベオルコAngelo Beolco。パドバに私生児として生まれる。貴族コルナーロ家の保護を受け,コルナーロ家が所有する古代劇場を模した石造の劇場で,パドバの若者を集めては自作を上演した。自分はルッツァンテという名の百姓に扮するのを常としたが,この役が人気を呼び,フェラーラベネチアまでも名を知られるようになった。初めは文学的な表現と当時の上流階級や教養ある人々が用いる言葉で牧歌劇調のものを書いていたが,しだいに方言のみを用いるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のルッツァンテの言及

【イタリア演劇】より

…しかし,ここではベオルコAngelo Beolco(1502‐42)の名を落とすことはできない。彼は,ルッツァンテ(〈子どものようにふざける人〉の意)と呼ばれ,《ピオーベの女》《アンコナの女》《モスケータ(フィレンツェ風喜劇)》などを書き,みずからも俳優として演じた。プラウトゥスの喜劇をなぞりながら,農村世界の悲惨さや戦争による荒廃をパドバ方言で描いた。…

※「ルッツァンテ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ルッツァンテの関連キーワード赤松政秀茶室徳川家康ダッケの反乱コロンブスの航海キプチャクハン国金魚宗祇セレスティーナセント・ヘレナ[島]

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone