狡猾(読み)コウカツ

  • ×狡×猾/×狡×黠
  • こうかつ カウクヮツ
  • こうかつ〔カウクワツ|カウ〕
  • 狡猾・狡黠カツ

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]ずるく悪賢いこと。また、そのさま。「―な手段」「―に立ち回る」
[派生]こうかつさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動) わるがしこくてずるいこと。また、そのさま。狡獪(こうかい)。巧黠(こうかつ)
※惺窩文集(1627頃)続・序「狡黠姦邪、漸毒頡滑之流輩」
※糸くづ(1898)〈国木田独歩訳〉「渠の狡猾(カウクヮツ)は兼ね兼ね人に知れ渡って居る処から」 〔荀子‐非十二子〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

狡猾の関連情報