コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルバロア文化 ルバロアぶんか

百科事典マイペディアの解説

ルバロア文化【ルバロアぶんか】

旧石器時代の石器製作技法の一つであるルバロアLevallois技法にちなんで命名された石器文化。ルバロア技法はあらかじめ亀甲状に形を整えておいた石核に,最後に打撃を加えて剥片を得るもの。
→関連項目アフリカ旧石器

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ルバロアぶんか【ルバロア文化】

旧石器時代の石器製作技法の一つに,パリ近郊のルバロア・ペレLevallois‐Perret遺跡にちなんで名づけられたルバロア技法Levallois techniqueがある。あらかじめ意図する形態の剝片を,たやすくしかも確実に得ることができるように考案された。まず石核の四周を打ちかき,さらにその表面から石片を剝ぎ取っておおよそのかっこうを整え,次いで一端に細かい調整を施して打面とし,最後にそこに強い打撃を加えることによって,ほぼ完成した形態の剝片を石核から剝離する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ルバロア文化の関連キーワードブルイユ