コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ル・グイン ルグイン

2件 の用語解説(ル・グインの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ル・グイン

米国の女性SF・ファンタジー作家。カリフォルニア州バークリー生れ。父は文化人類学者A.L.クローバー。性転換を題材にした《闇の左手》(1969年),重厚なユートピア小説《所有せざる人々》(1974年)などが代表作で,フェミニズム的観点と文学性に優れたSFを書いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ル・グイン
るぐいん
Ursula K. Le Guin
(1929― )

アメリカの女性小説家。SF、ファンタジー作家として知られているが、文化人類学、精神分析老荘思想、大陸先住民アメリカインディアン)の伝統的価値など、幅広い知識と独自の文明観をもち、またフェミニズム、エコロジーといった今日的問題にも関心をよせる本格派の小説家である。カリフォルニア州生まれ。ラドクリフコロンビア両大学卒。大学では、フランス中世・ルネサンス期の文学を専攻した。父は著名な文化人類学者アルフレッドクローバーである。「ハイニッシュ・ユニバース」と称する宇宙空間を舞台にした『ロカノンの世界』(1966)、『辺境の惑星』(1966)、『幻影の都市』(1967)でその文学的才能を注目されたが、彼女の存在を決定的にしたのは、毎年SF小説最優秀作品に与えられるヒューゴー賞ネビュラ賞の両方を受けた『闇の左手』(1969)で、両性具有の種族が住む惑星ゲセンを訪れた人間の眼を通して、性差にとらわれない人間のあり方を追求した。代表作とされ、現代SF小説の最高傑作の一つといわれる『所有せざる人々』(1974)でも、アナレスとユーラスという相反する惑星の世界、副題にもある「曖昧(あいまい)なユートピア」の調和による新しい文明の可能性を求めている。同時に、児童文学の傑作として知られるゲド戦記四部作『アースシーの魔法使い』(1968、邦訳題『影との戦い』)、『こわれた腕環』(1971)、『さいはての島へ』(1972)、『帰還 ゲド戦記 最後の書』(1990)(いずれも邦訳題)を発表し、魔術に支配された多島海の世界(アースシー)を舞台に、少年ゲドがさまざまな冒険、試練を経て成長してゆく姿を寓話風に語った。ほかにSF長編『天のろくろ』(1977)、『始まりの場所』(1980)、評論集『夜の言葉』(1979、改訂版1989)、『世界の果てでダンス』(1989)、短編集『風の十二方位』(1975)、『内海の漁師』(1994)など多くの作品がある。[渡辺利雄]
『小尾芙佐訳『始まりの場所』(1984・早川書房) ▽山田和子訳『夜の言葉』(1992・岩波書店) ▽篠目清美訳『世界の果てでダンス』(1997・白水社) ▽清水真砂子訳『こわれた腕環』(1999・岩波書店) ▽小尾芙佐訳『ロカノンの世界』(ハヤカワ文庫SF) ▽青木由紀子訳『ロカノンの世界』(サンリオSF文庫) ▽脇明子訳『辺境の惑星』(ハヤカワ文庫SF) ▽山田和子訳『幻影の都市』(ハヤカワ文庫SF) ▽小尾芙佐訳『闇の左手』(ハヤカワ文庫SF) ▽佐藤高子訳『所有せざる人々』(ハヤカワ文庫SF) ▽脇明子訳『天のろくろ』(サンリオSF文庫) ▽小尾芙佐・佐藤高子訳『内海の漁師』(ハヤカワ文庫SF) ▽ル・グイン著、村上春樹訳『帰ってきた空飛び猫』(講談社文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ル・グインの関連情報