コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ル・フォール ル・フォール Le Fort, Gertrud von

3件 の用語解説(ル・フォールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ル・フォール
ル・フォール
Le Fort, Gertrud von

[生]1876.10.11. ウェストファーレンミンデン
[没]1971.11.1. オーベルスドルフ
ドイツの女流詩人,小説家。古いユグノーの家系に生れ,50歳のときカトリックに改宗。教会と国家と女性を主要なテーマとし,カトリック的世界観から執筆した。教会を扱ったものに,詩集『教会賛歌』 Hymnen an die Kirche (1924) ,小説『ベロニカの聖帛 (せいはく) 』 Das Schweisstuch der Veronika (2部,28,46) ,国家を主題にしたものに,詩集『ドイツ賛歌』 Hymnen an Deutschland (32) ,小説『マクデブルクの婚礼』 Die magdeburgische Hochzeit (38) ,女性をテーマにしたものに,短編小説『断頭台の最後の女』 Die Letzte am Schafott (31) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ル・フォール

ドイツの女性作家。祖先はフランスから移住したユグノー派。1926年カトリックに改宗。第1次大戦前後の時代を背景とする自伝的長編《ベロニカの聖帛》(1928年)のほか,《断頭台の最後の女》など深い信仰を軸に歴史と人間を描いた短編に佳品が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ル・フォール
るふぉーる
Gertrud von le Fort
(1876―1971)

ドイツの女流小説家。先祖はフランスのサボイ出身のユグノー(新教徒)。ハイデルベルクベルリン大学などで神学、哲学、歴史を学ぶ。1926年ローマカトリック教会に加入。41年以後南ドイツのオーベルストドルフに住んだ。「彼女は創作の究極的意味を神への帰依(きえ)に見ている」といわれ、処女作『教会への讃歌(さんか)』(1925)以来、その作品は深く信仰に根ざしているが、「文学的なものそれ自体のなかにキリスト教的な要素」を認めようとする彼女の作品は、けっして護教文学を目ざしたものではない。代表作『ベロニカの聖帛(せいはく)』(第一部『ローマの泉』1928、第二部『天使たちの花冠』1946)は、他者の救いのためにする自己犠牲の可能性と限界とを、少女ベロニカの苦悩を通して大胆に探り、カトリック教会内で論議をよんだ。彼女はまた好んで歴史に素材を求め、『断頭台最後の女』(1931)、『海の法廷』(1943)、『天国の門』(1954)などでは現代にまで及ぶ問題性を指摘した。ほかにドイツ民族の歴史的使命と運命を歌った『ドイツ賛歌』(1931)、カトリック的女性論『永遠の女性』(1934)、『詩集』(1949)、『手記と回想』(1951)などがある。[横塚祥隆]
『船山幸哉・前田敬作訳『教会への讃歌』(1960・ヴェリタス書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ル・フォールの関連キーワードウェストン祭ウエストファリアヴェストファール現象(臨床医学)ウェストファリアウェストファリア体制ウェストファーレン,J.vonウェストファーレン条約ウェストフェーリッシュエディンガー=ウェストファル核ウェストランド種 (Westland)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ル・フォールの関連情報