ルートヴィヒ(2世)(英語表記)Ludwig Ⅱ(der Deutsche)

旺文社世界史事典 三訂版「ルートヴィヒ(2世)」の解説

ルートヴィヒ(2世)
Ludwig Ⅱ(der Deutsche)

804ごろ〜876
東フランク王(在位843〜876)
カール1世の。父の死後兄弟とその遺領をめぐって争い,843年のヴェルダン条約でライン川以東の地を得た。兄ロタール1世の死後,870年のメルセン条約のカール2世とその遺領を分割し,東半分を得てドイツ基礎をつくった。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android