コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レイリージーンズの放射法則 レイリージーンズノホウシャホウソク

1件 の用語解説(レイリージーンズの放射法則の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

レイリージーンズ‐の‐ほうしゃほうそく〔‐ハウシヤハフソク〕【レイリージーンズの放射法則】

黒体からの熱放射(黒体放射)に関する法則。または振動数分布を表す公式を指す。古典物理学的な仮定から導かれたもので、長波長(低振動数)側では実験データを精度よく再現できるが、短波長(高振動数)側では大きなずれが生じる。1900年に英国のレイリーが発表し、1905年に同じく英国のJ=ジーンズが修正した。黒体放射スペクトルは後にプランクが導いたプランクの放射法則により説明できるようになった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レイリージーンズの放射法則の関連キーワード黒体輻射空洞放射黒体放射ウィーンの変位則宇宙黒体放射シュテファンボルツマンの法則ウィーンの放射法則プランクの放射法則黒体輻射の法則黒体放射の法則

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone