コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レイリージーンズの放射法則 レイリージーンズノホウシャホウソク

デジタル大辞泉の解説

レイリージーンズ‐の‐ほうしゃほうそく〔‐ハウシヤハフソク〕【レイリージーンズの放射法則】

黒体からの熱放射黒体放射)に関する法則。または振動数分布を表す公式を指す。古典物理学的な仮定から導かれたもので、長波長(低振動数)側では実験データを精度よく再現できるが、短波長(高振動数)側では大きなずれが生じる。1900年に英国のレイリーが発表し、1905年に同じく英国のJ=ジーンズが修正した。黒体放射のスペクトルは後にプランクが導いたプランクの放射法則により説明できるようになった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android