レイリー波(読み)レイリーは(英語表記)Rayleigh wave

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「レイリー波」の解説

レイリー波
レイリーは
Rayleigh wave

表面波の1種。境界面が平面である半無限弾性体の表面を伝わる弾性で,1885年 J.レイリーが理論的に導いた。媒質中の質点は,一般に波の進行方向と表面への法線とを含む平面内で楕円運動を行う。表面から遠ざかると,振幅は急激に減少する。波長が短いほど減少が著しい。伝搬速度は媒質の密度,剛性率,ポアソン比 (→弾性係数 ) によって異なるが,ポアソン比が 1/4 のとき,横波の約 0.92倍となる。地震波では,震央に現れないが,1000km以上離れたところでは観測される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

法則の辞典「レイリー波」の解説

レイリー波【Rayleigh wave】

弾性体表面を伝わる波(表面波)のうち,弾性体表面に垂直方向で,かつ進行方向を含む面内で振動する波をいう.ラヴ波*参照

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android