レオナルド ディカプリオ

  • Leonardo DiCaprio

現代外国人名録2016の解説

職業・肩書
俳優

生年月日
1974年11月11日

出生地
米国カリフォルニア州ロサンゼルス

本名
DiCaprio,Leonardo Wilhelm

受賞
ロサンゼルス映画批評家協会賞新世代賞(1994年度)「ギルバート・グレイプ」,ベルリン国際映画祭銀熊賞(男優賞,第47回)〔1997年〕「ロミオ&ジュリエット」,ゴールデン・グローブ賞主演男優賞(第62回,2004年度)〔2005年〕「アビエイター」,ナショナル・ボード・オブ・レビュー助演男優賞〔2012年〕「ジャンゴ 繫がれざる者」

経歴
ドイツ人の母、イタリア人の父は幼い頃に離婚。14歳で芸能界に入り、1991年「クリッター3」で映画デビュー。同時にテレビシリーズ「グローイング・ペーンズ」で全米のアイドルとなり、’93年映画「ボーイズ・ライフ」に主演し注目される。’93年の「ギルバート・グレイプ」では脳に障害のある少年を好演し、’94年度ロサンゼルス映画批評家協会賞新世代賞を受賞すると同時にアカデミー賞助演男優賞にノミネートされた。’97年主演映画「タイタニック」(ジェームズ・キャメロン監督)が世界中で記録的大ヒットとなり、人気を不動のものにする。’98年プライベート写真集「ディカプリオ」がベストセラーとなる。2004年大富豪ハワード・ヒューズを描いた「アビエイター」(マーティン・スコセッシ監督)で初めてプロデューサーも務め、2005年ゴールデン・グローブ賞主演男優賞を受賞、アカデミー賞にノミネートされる。2010年「インセプション」で渡辺謙と共演。2011年、48年にわたりFBI長官を務めたJ.エドガー・フーバーを描いたクリント・イーストウッド監督の「J・エドガー」に主演。2013年F.スコット・フィッツジェラルドの「グレート・ギャツビー」を映画化した「華麗なるギャツビー」に主演。他の出演作に「クイック&デッド」「バスケットボール・ダイアリーズ」「太陽と月に背いて」(1995年)、「ロミオ&ジュリエット」「マイ・ルーム」(’96年)、「仮面の男」(’98年)、「ザ・ビーチ」(2000年)、「あの頃僕らは」(2001年)、「ギャング・オブ・ニューヨーク」「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」(2002年)、「ディパーテッド」「ブラッド・ダイヤモンド」(2006年)、「ワールド・オブ・ライズ」「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」(2008年)、「シャッター・アイランド」(2010年)、「ジャンゴ 繫がれざる者」(2012年)、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」(2013年)など。環境への関心も強く、「The 11th Hour」(2007年)では製作、脚本、ナレーションを務めた。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レオナルド ディカプリオの関連情報