レオンチウス[ビザンチン](英語表記)Leontius of Byzantium

  • ビザンチン
  • レオンチウス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]485頃.コンスタンチノープル
[没]545頃.コンスタンチノープル
ビザンチンの神学者。ヒエロソリミタノス,あるいはキリスト教神学にアリストテレス哲学を導入し中世スコラ哲学の先駆をなしたのでスコラスチクスとも呼ばれる。その生涯はおもにキリスト単性説論駁に捧げられ,アンチオキアのセベルスやネストリウス派を論駁した。主著"Libri III contra Nestorianos et Eutychianos" "Solutio argumentorum Severi"。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android