コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レチフ・ド・ラ・ブルトンヌ レチフ・ド・ラ・ブルトンヌRestif de la Bretonne

2件 の用語解説(レチフ・ド・ラ・ブルトンヌの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レチフ・ド・ラ・ブルトンヌ
レチフ・ド・ラ・ブルトンヌ
Restif de la Bretonne

[生]1734.10.23. ブルゴーニュ,サシ
[没]1806.2.3. パリ
フランスの作家。本名 Nicolas Edme Restif。農家に生れ,印刷所に職を得てパリに出,放蕩無頼,漁色の生活をおくった。 30歳をこしてから文学を志し,250巻に上る作品を書き人気作家となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レチフ・ド・ラ・ブルトンヌ
れちふどらぶるとんぬ
Resti(Rtif)de la Bretonne
(1734―1806)

フランスの小説家。ブルゴーニュ地方の裕福な農家に生まれ、牧童生活を体験した。ジャンセニスト腹違いの兄の下での厳格な教育に耐えきれず、オーセル、パリで印刷工を経験したのち、小説を発表。出世作『堕落百姓』Le Paysan Perverti ou Les Danger de la Ville(1775)で作家的地位を確保した。それ以後、『父の生涯』(1779)、『南半球の発見』(1781)、『サラ』(1783)、『パリの夜』(1788~94)をはじめ、44編187巻の小説、ユートピア思想を精力的に著した。大革命期に破産するが、膨大な自伝小説ムッシューニコラ』Monsieur Nicolas ou le Cur humain devoil(1794~97)を発表するなど、執筆活動をやめなかった。レチフは自然主義の先駆ともルソーの弟子ともいわれるなど、長く誤解されてきたが、近年ほぼ正当に再評価されるに至った。現実の生のはかなさと死の想念から、仮構の現実と戯れつつ、内的時間に固執する優れて近代的な特徴を備えた、一種の全体小説の構築を目ざした作家と考えられる。[植田祐次]
『植田祐次訳『パリの夜』(1969・現代思潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

レチフ・ド・ラ・ブルトンヌの関連キーワード平敷屋朝敏ブルボン朝文楽人形浄瑠璃芝居シネマコンプレックス相生獅子池田瑞仙上田秋成工藤平助桜田治助

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone