コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レックスロス Kenneth Rexroth

2件 の用語解説(レックスロスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

レックスロス【Kenneth Rexroth】

1905‐82
アメリカの詩人,評論家,画家。インディアナ州生れ。サンフランシスコに長く住み,ビート運動(ビート・ジェネレーション)の育ての親であった。東洋文化に関心が深く,数回来日したこともある。短歌と俳句の訳書《日本の古典詩100編》(1954)および中国の古典詩,たとえば宋代の女流詩人李清照のすぐれた英訳がある。与謝野晶子,白石かず子など,日本の女流詩人の英訳も手がけている。詩集には,《不死鳥と亀》(1944),《新詩集》(1974)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レックスロス
れっくすろす
Kenneth Rexroth
(1905―1982)

アメリカの反体制詩人、翻訳家、批評家。インディアナ州生まれ。長らくサンフランシスコに居住、一時「ビート」の運動に参加した。『何時(なんじ)に?』(1940)、『不死鳥と亀』(1944)、『自然の音階』(1963)など多くの詩集のほか、数冊の評論、自伝(1966、81)がある。独学で数か国語を修め、『日本古典詩歌百選』(1954)、『漢詩百選』(1956)、『ギリシア・ラテン詩百選』(1959)などの訳もある。[関口 功]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レックスロスの関連キーワードアメリカの声アングロアメリカアメリカ杉アメリカンアメリカンチェリーアメリカの空アメリカの友人不安の時代坂西志保中野五郎

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レックスロスの関連情報