レトルト

精選版 日本国語大辞典「レトルト」の解説

レトルト

〘名〙 (retort)
① ガラスまたは金属製の実験室用の蒸留・乾留装置の一つ。球状部とその上部から横に伸びる長い側管がある。コルク栓やゴム栓を使用しないので比較的高温で用いられる。〔蘭学逕(1810)〕
② 石炭ガス製造のための乾留装置。
※舎密開宗(1837‐47)内「其器。約するに二般あり。一は瓦斯を発する物品を納れ 列篤爾多(レトルト)、玻瓈管の類 一は発する所の瓦斯を承く 玻瓈鐘の類」
③ 缶詰・袋詰などにした食品を加圧・加熱・殺菌する装置。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「レトルト」の解説

レトルト
れとると
retort

蒸留や乾留を行うのに使われるガラス製あるいは金属製の器具。球状の容器部とそれに直結した長い側管からなり、物質を容器部に入れ、加熱生成した物質を側管の出口で受ける。必要に応じて冷却器などを併用する。

[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android