レファレンスブック(読み)れふぁれんすぶっく(英語表記)reference book

図書館情報学用語辞典 第5版「レファレンスブック」の解説

レファレンスブック

対象とする分野の関係情報を記事として多数の項目にまとめ,それらを音順や体系順で排列することによって,特定の項目を容易に調べられるようにした図書.参考図書ともいう.特定の情報を求めるときに使用し,全体を通読することは想定されていない.レファレンスブックは,他の資料への案内や指示を主目的とする書誌,目録などと,事実解説的な辞書事典図鑑年表などに大別される.特色としては,〈1〉見出しのもとに各項目が簡潔に記述されている,〈2〉排列に特色があり,探索を容易にするために目次や索引に工夫がなされている,〈3〉冊子体であり,容易に持ち運びや利用ができる,などがあげられる.図書館では,レファレンスサービスを成り立たせるツールであり,レファレンスコレクションとして構築されている.現在では,レファレンスブックと同じ内容の著作が電子メディアで提供されるようになってきた.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android