レフレックスカメラ(読み)れふれつくすかめら,れふれっくすかめら

カメラマン写真用語辞典「レフレックスカメラ」の解説

レフレックスカメラ

 ミラーを使って、レンズを通った上方に反射して、被写体を見る形式カメラ一眼レフ二眼レフがある。なお、ミラーの角度は正確に45度になっているのが普通だが、わざと少し角度を変え、そのぶんスクリーンの角度も変えて、カメラの高さを低くしている一眼レフもある。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

デジタル大辞泉「レフレックスカメラ」の解説

レフレックス‐カメラ(reflex camera)

レンズに入る光をで反射してピントグラス上にを結ばせ、それを見てピントを合わせる方式のカメラ。レンズのにより一眼レフと二眼レフとがある。レフ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「レフレックスカメラ」の解説

レフレックス‐カメラ

〘名〙 (reflex camera) レンズに入射する光線を反射鏡でピントグラスに結像させ、ピントと構図を決める方式のカメラ。一眼レフと二眼レフとの二種類がある。レフ。
※香港にて(1958)〈堀田善衛〉「近接撮影用のレフレックス・カメラ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のレフレックスカメラの言及

【カメラ】より

…29年にはドイツのフランケ・ウント・ハイデッケ社からロールフィルムを用いて近代化された二眼レフが発売され,新しい中判カメラの基礎を築いた。同じく29年にドイツのツァイス・イコン社から発売された6cm×9cmのロールフィルムカメラは,ボタンを押すとスプリング仕掛けで前ぶたが開き,蛇腹が飛び出して直ちに撮影可能状態になるもので,これより20年近く続くスプリングカメラの嚆矢(こうし)となり,さらに33年ドイツのシュテーンベルゲン社(通称イハゲー社)から発売されたエキザクタは,古い歴史のあるレフレックスカメラを35ミリフィルムを用いて実現し,今日の35ミリ一眼レフの始祖となった。35ミリフィルムを用いながらシャッターをレンズ内部(のちにはレンズ直後の場合も生ずる)に取り付けた,いわゆる35ミリレンズシャッターカメラは第2次世界大戦後に全盛期をむかえ,以前からあった二眼レフカメラをほとんど駆逐してしまった。…

※「レフレックスカメラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

三内丸山遺跡

青森市中心部の南西,沖館川の南に面する丘陵地帯に広がる縄文時代の遺跡。 1992年発掘開始。 1994年約 4500年前のものと推定される直径 1.8mの柱穴6個と,直径 80cmのクリ材と思われる木...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android