コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レプシウス レプシウス Lepsius, Karl Richard

2件 の用語解説(レプシウスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レプシウス
レプシウス
Lepsius, Karl Richard

[生]1810.12.23. ナウムブルクアンデルザーレ
[没]1884.7.10. ベルリン
ドイツエジプト学者。近代考古学確立者の一人。 1842年からプロシア王フリードリヒ・ウィルヘルム4世の後援のもとにエジプト探検に参加,ナイル川流域の古代遺跡を歴訪して,碑文など多数の貴重な資料を持帰り,遺物のカタログや古代エジプトの年代表を作成,エジプト古文書学に新しい局面を開いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レプシウス
れぷしうす
Karl Richard Lepsius
(1810―1884)

プロイセンのエジプト学者。1842年から45年にかけて、時の皇帝フリードリヒ・ウィルヘルム4世の援助を受け、エジプトおよびヌビア地方を調査した。この遠征では多数の遺物の収集、碑文の筆写と調査が行われ、その報告書は『エジプトおよびエチオピアの遺物』という12巻に及ぶ図版集として、49年以降10年にわたり出版された。これは、ナポレオンエジプト遠征の成果を集大成した『エジプト誌』(1849)と並ぶ貴重な資料である。ベルリン大学教授、ベルリン王立図書館長を務め、ドイツにおける近代エジプト学の発展に貢献し、その基盤を築いた。[吉村作治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レプシウスの関連キーワードナウムブルク大聖堂ナウムブルクの作家ナウムブルクスベティナウムカペルナウムタイムブルーミリアム・ブルーの湖塩化カルシウムブラインスハムブルヘルシャウムブルク・リッペ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レプシウスの関連情報