コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レプトスピラ レプトスピラ〈ラテン〉Leptospira

3件 の用語解説(レプトスピラの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

レプトスピラ(〈ラテン〉Leptospira)

スピロヘータ科レプトスピラ属の細菌。螺旋(らせん)状をし、動物に寄生するものと、水・土壌中に存在する非病原性のものの二種ある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

レプトスピラ

分裂菌綱スピロヘータ目トレポネマータ科の一属名。鞭毛(べんもう)はなく,微細ならせん形で長さ6〜20μm,幅0.1μmで,活発に運動する。病原性のものと非病原性の2種があり,それぞれが多数の血清型に分類されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レプトスピラ【Leptospira】

細菌類スピロヘータ科の一属。体長6~20μm,幅0.1μmの細長い体に,細かく密ならせんをもつ。活発な運動性を示すが,鞭毛はもたない。特殊な培地によって人工培養が可能である。レプトスピラ属は,病原性を示すレプトスピラ・インターロガンスL.interrogansと,非病原性のレプトスピラ・ビフレクサL.biflexaの2種に分けられるが,それぞれさらに多数の血清型に細別される。病原性レプトスピラは,世界中に広く分布しており,人獣共通伝染病であるレプトスピラ症をひき起こす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のレプトスピラの言及

【スピロヘータ】より

…ふつう6属に分類されるが,人間に対して病原性をもつスピロヘータは次の3属に含まれる。トレポネマTreponema(梅毒および梅毒様疾患),ボレリアBorrelia(回帰熱),レプトスピラLeptospira(レプトスピラ症)。レプトスピラを除いては,一般に培養は困難である。…

【イヌ(犬)】より

…一般に,小型種ほど単位体重当りの必要熱量は多い。
[病気]
 イヌの病気は種々あるが,飼主が注意しなければならないのは,ジステンパー伝染性肝炎パルボウイルス腸炎,レプトスピラ病,消化器寄生虫病,フィラリア症,皮膚病などがおもなものである。ジステンパー,伝染性肝炎,パルボウイルス腸炎の病原はウイルスで,ワクチンの接種で予防できる。…

【風土病】より

…これらの人獣共通伝染病は,その病原巣の動物が生息する地方に発生が限られるときには,風土病的疾病として現れてくる。このようなものには,中国の奥地やインドに持続的にみられたペスト,地中海沿岸地方のマルタ熱(ブルセラ症),および世界中にみられ,日本でも各地で作州熱,天竜熱,七日熱,秋疫など特別な名称で呼ばれたレプトスピラ症などがある。 伝染性の風土病には,病原微生物が節足動物によって媒介される疾病で,媒介する節足動物の生息する地域が限られているために風土病として現れてくるものもある。…

【ワイル病】より

…レプトスピラによる感染症。1886年ドイツのワイルAdolf Weil(1848‐1916)が初めて本病の4例を記載したため,〈ワイル病〉と呼ばれているが,学術的には,本病の病原体発見者稲田竜吉(いなだりようきち),井戸泰(いどゆたか)の命名に従って,〈黄疸出血性レプトスピラ病〉と呼ぶのが正しい。…

※「レプトスピラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone