コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レベティカ

百科事典マイペディアの解説

レベティカ

現代ギリシアの都市部の大衆歌謡。1830年の独立後もイスタンブールを首都にと夢みてきたギリシアは,1922年にトルコと戦って敗れ,それまでトルコ領内に在住していた多くのギリシア人が難民として帰ってきた。トルコで身につけた風習や文化をもとに,これらの難民が都市の下町の酒場あたりで,ブズキ(トルコ起源の楽器)の伴奏で歌いだした。テオドラキスMikis Theodorakis〔1925- 〕などの現代ギリシアの代表的作曲家の作品にも取り上げられている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

レベティカの関連キーワードギリシア音楽

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android