コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レレベル Joachim Lelewel

世界大百科事典 第2版の解説

レレベル【Joachim Lelewel】

1786‐1861
ポーランドの歴史家,政治思想家レレウェルとも呼ぶ。1815‐24年ビルノ大学歴史学教授。民族主義的な学生組織と関係したとの理由で大学を追われるワルシャワに移り,十一月蜂起(1830‐31)に参加。国民政府の一員となり,〈愛国協会Towarzystwo Patriotyczne〉会長に就任。穏健派の頭目として蜂起の方針に大きな影響を及ぼす。蜂起敗北後パリに亡命。〈ポーランド国民委員会〉〈人民の復讐〉を組織。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レレベル
れれべる
Joachim Lelewel
(1786―1861)

ポーランドの歴史家、民主主義者。『歴史学』Historyka(1815)でポーランド近代史学の基礎を確立。1815~24年にウィルノ大学などで世界史を講じ、共和主義思想によって青年層に影響を与えた。30~31年の対ロシア蜂起(ほうき)時には、国民政府のメンバーに選ばれ、蜂起左派を代表した。蜂起の敗北後、フランス、ついでベルギーに亡命し、ヨーロッパの左翼勢力と連絡し、本国の地下活動を指導した。同時に歴史研究に基づいて、専制政治に対する共和政・民主政の優越性を主張し、ポーランドの民主主義勢力の思想形成に影響を与えた。47年には国際民主主義協会の副議長に選出されたが、49年以降は政治活動から引退し、学術研究に専念した。[安部一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

レレベルの関連キーワード三浦梅園田沼時代炭酸塩岩脈文久ベニョフスキー徳川家治フリードリヒコーンウォリス砦シュート中村富十郎

レレベルの関連情報