コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーキ顔料 レーキガンリョウ

4件 の用語解説(レーキ顔料の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

レーキ‐がんりょう〔‐ガンレウ〕【レーキ顔料】

レーキ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

レーキ顔料【レーキがんりょう】

有機顔料の一種。レーキlakeとは不溶性にすること。オーラミンマラカイトグリーンなどの水溶性染料を不溶性としたもの。塩化バリウムタンニン酸モリブデン酸などを作用させて不溶性のバリウム塩,重金属錯塩,複塩などをつくる。
→関連項目硫酸アルミニウム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レーキがんりょう【レーキ顔料 lake color】

水に可溶性の染料をなんらかの方法で不溶性とし有機顔料としたもの。不溶性にする操作をレーキ化という。レーキ化は一般にはかなり広く解釈されている。レーキ顔料の種類には,(1)スルホン酸基,カルボン酸基をもつ水に可溶性の酸性染料型の染料のナトリウムNa塩をカルシウムCa塩,バリウムBa塩,ストロンチウムSr塩,マンガンMn塩などとして不溶性としたもの(アゾレーキ類),(2)重金属錯塩として不溶化したもの(金属錯塩顔料。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone