コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーキ顔料 レーキガンリョウ

4件 の用語解説(レーキ顔料の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

レーキ‐がんりょう〔‐ガンレウ〕【レーキ顔料】

レーキ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

レーキ顔料【レーキがんりょう】

有機顔料の一種。レーキlakeとは不溶性にすること。オーラミンマラカイトグリーンなどの水溶性染料を不溶性としたもの。塩化バリウムタンニン酸モリブデン酸などを作用させて不溶性のバリウム塩,重金属錯塩,複塩などをつくる。
→関連項目硫酸アルミニウム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

レーキがんりょう【レーキ顔料 lake color】

水に可溶性の染料をなんらかの方法で不溶性とし有機顔料としたもの。不溶性にする操作をレーキ化という。レーキ化は一般にはかなり広く解釈されている。レーキ顔料の種類には,(1)スルホン酸基,カルボン酸基をもつ水に可溶性の酸性染料型の染料のナトリウムNa塩をカルシウムCa塩,バリウムBa塩,ストロンチウムSr塩,マンガンMn塩などとして不溶性としたもの(アゾレーキ類),(2)重金属錯塩として不溶化したもの(金属錯塩顔料。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レーキ顔料
れーきがんりょう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レーキ顔料の関連キーワード可溶性デンプンナフトール染料可溶性不溶性固着剤アルコール不溶性物質オイグロブリンカキ渋プロトペクチナーゼ可溶性型マグマ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone