コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロアサ Loasa

世界大百科事典 第2版の解説

ロアサ【Loasa】

ロアサ科の一年草あるいは多年草,ときには木本性の植物で,植物体にはイラクサのような刺毛があり,ふれると刺激的な痛みがある。大型で変わった花を咲かせるので,観賞用に栽培される種があるが,日本では一般的でない。シロバナシレンゲL.vulcanica André(イラスト)はエクアドルからコロンビアの山地原産で,高さ50~90cmほどの直立する半木質の一年草。互生する葉は有柄で,葉身は掌状に5~3裂し,小葉はするどく深い重鋸歯がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ロアサの関連キーワードフィリッパ・オブ・エノーメジロマックイーンメンツェーリアベルギー文学モンストルレフランス文学チョーサー年代記作者三十人合戦アサガオ戦争文学百年戦争西洋朝顔ベラール年代記円山川

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロアサの関連情報