コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロケア Rochea coccinea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロケア
Rochea coccinea

ベンケイソウ科ロケア属の総称で,南アフリカに4種が分布する半低木状の多年草であるが,園芸上は普通,ロケア・コッキネアをさす。草丈は 30~60cm。倒卵形の葉が十字対生し,茎頂に集散花序を形成する。花冠は高盆形で5裂し,長さ約 4cmで弁先は外側に広がる。花色は緋赤色。鉢植えで流通する。寒さや高温多湿に弱い。夏は半日陰でなるべく涼しく管理し,冬期は5℃以上に保つのがよい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ロケア(〈ラテン〉Rochea)

ベンケイソウ科の多肉植物。南アフリカ原産。植物体は小さな柱状になる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ロケア【Rochea coccinea DC.】

南アフリカ原産のベンケイソウ科の多年生多肉植物で,鉢植え花卉(かき)として花屋の店頭に並ぶ。クラッスラ亜科に所属するか,クラッスラ属とは花筒が著しく長い点で区別される。高さ30~60cmで,十分生長すると茎は分枝し,低木状になる。葉は十字対生し,長卵円形で,葉辺は柔らかい短毛が取りまき,長さ2.5~4cmで基部は少し合着する。春から夏にかけて,茎頂に緋色の花を多数密生する。花は長さ4~6cmで,下半分は合着し,花弁は5枚,おしべは5本。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のロケアの言及

【ベンケイソウ】より

…代表属のクラッスラ属Crassulaは200種あり,カゲツ(花月)C.portulacea Lam.(南アフリカ原産)は〈金の成る木〉の名称で近年出回っている。ほかにロケア属Rocheaを含む。コチレドン亜科はおもにアフリカ南部に分布し,花は花弁が筒状や鐘状に合着し,5数性でおしべは10本。…

※「ロケア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ロケアの関連キーワード株式会社東京リーガルマインドトビイロケアリクロクサアリアリ(蟻)クロアリ羽アリ黒蟻

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android