コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロシュミット数 ロシュミットすう Loschmidt number

4件 の用語解説(ロシュミット数の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロシュミット数
ロシュミットすう
Loschmidt number

標準状態 (0℃,1気圧) の気体 1cm3に含まれる分子数を表わす普遍定数。その値は 2.686754×1019/cm3 。 1mol中の分子数を表わすアボガドロ数 (→アボガドロ定数 ) と同義に用いられたこともあるが,現在では前述のように区別されて,アボガドロ数理想気体モル体積 2.241383×104cm3/mol で割った数がロシュミット数である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ロシュミット‐すう【ロシュミット数】

セ氏零度、1気圧の気体1立方センチメートル中に含まれる分子数が2.6869×1019であること。1865年にロシュミットが測定。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ロシュミット数【ロシュミットすう】

0℃,1気圧の気体1cm3に含まれる分子数。2.6868×1019オーストリア物理化学者ロシュミットJoseph Loschmidt〔1821-1895〕が,1865年に気体の熱伝導から決定。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

法則の辞典の解説

ロシュミット数【Loschmidt's number】

0℃,1気圧で1cm3 の気体中に含まれる分子の数 . 記号はL ,アヴォガドロ定数*標準状態におけるモル体積(2.2414×104 cm3)で割った値である.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のロシュミット数の言及

【アボガドロ数】より

…現在ではX線を用いて実測されているが精度には問題があり,上記の数値も精密に測定されている他の基本定数値から間接的に求められたものである。なお,0℃,1気圧の気体1cm3に含まれる分子数をロシュミット数Loschmidt’s numberというが,ドイツ系の文献ではかつてアボガドロ数をロシュミット数と呼ぶ慣習があった。【小野 嘉之】。…

※「ロシュミット数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ロシュミット数の関連キーワード気体定数標準状態モル体積最大蒸気圧標準気圧標準生成熱吸収係数(気体)ドブソン単位(大気中オゾン濃度)ブンゼンの吸収係数ポテンシャル温度

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone