コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロシュミット数 ロシュミットすうLoschmidt number

4件 の用語解説(ロシュミット数の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロシュミット数
ロシュミットすう
Loschmidt number

標準状態 (0℃,1気圧) の気体 1cm3に含まれる分子数を表わす普遍定数。その値は 2.686754×1019/cm3 。 1mol中の分子数を表わすアボガドロ数 (→アボガドロ定数 ) と同義に用いられたこともあるが,現在では前述のように区別されて,アボガドロ数理想気体モル体積 2.241383×104cm3/mol で割った数がロシュミット数である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ロシュミット‐すう【ロシュミット数】

セ氏零度、1気圧の気体1立方センチメートル中に含まれる分子数が2.6869×1019であること。1865年にロシュミットが測定。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ロシュミット数【ロシュミットすう】

0℃,1気圧の気体1cm3に含まれる分子数。2.6868×1019オーストリア物理化学者ロシュミットJoseph Loschmidt〔1821-1895〕が,1865年に気体の熱伝導から決定。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

法則の辞典の解説

ロシュミット数【Loschmidt's number】

0℃,1気圧で1cm3 の気体中に含まれる分子の数 . 記号はL ,アヴォガドロ定数*標準状態におけるモル体積(2.2414×104 cm3)で割った値である.

出典|朝倉書店
法則の辞典について | 情報

世界大百科事典内のロシュミット数の言及

【アボガドロ数】より

…現在ではX線を用いて実測されているが精度には問題があり,上記の数値も精密に測定されている他の基本定数値から間接的に求められたものである。なお,0℃,1気圧の気体1cm3に含まれる分子数をロシュミット数Loschmidt’s numberというが,ドイツ系の文献ではかつてアボガドロ数をロシュミット数と呼ぶ慣習があった。【小野 嘉之】。…

※「ロシュミット数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone