コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロックハート Lockhart, John Gibson

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロックハート
Lockhart, John Gibson

[生]1794.7.14. ラナークシャー,キャンバネスタン
[没]1854.11.25. アボッツフォード
イギリスの伝記作者。スコットランド出身。若くして『ブラックウッズ・マガジン』の寄稿家となり,峻烈な批評によって「さそり」とあだ名された。 1820年 W.スコットの娘ソファイアと結婚。 25~53年『クォータリー・レビュー』の編集にたずさわった。「バーンズ伝」 (1828) のあと,有名な『ウォルター・スコットの生涯の回想』 Memoirs of the Life of Sir Walter Scott (37~38) を書いた。この伝記には事実の歪曲もあるが,5年間スコットと生活をともにした利点は十分に生かされている。また当時のエディンバラやグラスゴーの社交界を描いた『ピーターの手紙』 Peter's Letters to his Kinsfolk (19) など数編の小説がある。いちはやくワーズワスとコールリッジを認め,シェリーとキーツを批判したことでも知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ロックハート【John Gibson Lockhart】

1794‐1854
イギリスの文人,伝記作者。スコットランド出身で,大学卒業後弁護士となり,かたわら当時隆盛期を迎えた硬派の評論ジャーナリズムに身を投じた。1825年から28年間,保守系の《クオータリー・レビュー》の主筆として筆を振るい,多くの小説も書いたが,今日ではおもに妻の父であるW.スコットの生涯を詳細に記した傑作《サー・ウォルター・スコット伝》7巻(1837‐38)で記憶される。【海老根 宏】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ロックハートの関連キーワードボストン・ポップス・オーケストラ群馬県吾妻郡高山村中山ブラザーズ&シスターズフルサークル・シカゴフィリップ プルマン群馬県吾妻郡高山村ハリソン フォードサラロックハートアリーmyラブユタ交響楽団11月11日10月3日7月14日葛城七穂モンロー斎藤晶

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロックハートの関連情報