コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロデンバック

2件 の用語解説(ロデンバックの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ロデンバック

ベルギーのフランス語詩人。1887年以後パリに住む。故郷の風物を背景に暗くメランコリックな詩を書いた。代表詩集《白い青春》(1886年),《沈黙の世》(1891年),《閉ざされた生活》(1896年)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ロデンバック【Georges Rodenbach】

1855‐98
フランス語で表現活動をしたベルギーの詩人。はじめ法律家を目ざしたが《ラ・ジュンヌ・ベルジック(若きベルギー)》誌に協力したのを機に文学に専念,同世代のベルハーレンらとともに文壇に登場した。彼は1887年以降パリに定住してこの地で没したが,作品ではつねに母国ベルギーを取り上げた。1892年小説《死都ブリュージュ》によって初めてその存在がパリ文壇に認められ,それとともに,北国の霧に閉ざされ死の影の漂う独特の内面世界を歌う憂愁の詩人として一躍世の注目を浴びるにいたった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のロデンバックの言及

【ブリュージュ】より

…また,市立美術館には,ここを舞台に活躍したファン・アイク兄弟,メムリンクなど初期フランドル派の絵画が収蔵される。なお,この町のたたずまいは世紀末の芸術家に霊感を与え,フランスの作家ロデンバックは《死都ブリュージュ》(1892)を残し,象徴主義の画家クノップフも好んでこの町の風景を描いた。第2次大戦後,ブリュージュ地域にもやっと経済開発の波が押し寄せ,目下大臨海工業地帯が建設中である。…

※「ロデンバック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ロデンバックの関連キーワードパルチザンフランス語フレンチヘントリトレフラングレ仏学仏書フランス料理コルネアン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone