コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロングテール ロング テール

3件 の用語解説(ロングテールの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ロングテール

単品ではそれほど売れない商品を数多く扱うことで十分な売り上げを確保する、インターネットならではの販売方法、およびその現象を表す言葉。実際の店舗では売り場面積に限りがあるため、売れ筋商品ばかり扱わざるをえないのに対し、インターネット販売では月数点の売り上げしかない商品も取り扱える。これを恐竜のしっぽにたとえて「ロングテール」と呼ぶ。Web 2.0の要素のひとつ。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

ロングテール

商品を売り上げ順に並べていくと、相対的に少ない数の上位商品(ヘッドと呼ぶ)にかなりの売り上げが集中し、以下、売り上げの少ない商品が尾(テール)のように長く続くが、直接的にはその尾の部分を指す言葉。それが転じて、そうしたニッチ(すき間)的商品をまとめて効率的に扱うことで利益を確保するという論理をいう。店舗型の小売業では、ABC分析(売上高の大きい順に商品をA、B、C3つのランクに分け、Aランクの商品を重点的に管理するための手法)などをもとに、できるだけ「売れ筋商品」を在庫し、販売しようとするが、ほぼ無限の売り場スペースと、安価な倉庫を在庫スペースとして持つことができるオンライン小売業などでは、逆に競合店の少ない中で、「死に筋商品」を積極的に扱って利益を上げることができる。もともとは米国の「Wired」誌(2004年10月)の中で、編集長のクリスアンダーソンによって提唱されたといわれている。

(高橋郁夫 慶應義塾大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マーケティング用語集の解説

ロングテール

アマゾン.comなどの特定のビジネスモデルを説明するために米Wired誌の記事で同紙編集長であるクリス・アンダーソン(Chris Anderson)によって提唱された言葉。パレートの法則とは反対の現象がおこる。

出典|マーケティングキャンパス
Copyright © Symphony Marketing Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロングテールの関連キーワード売上駅売り露店売上げる売気売口売子売代売回る延売り

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロングテールの関連情報