コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロンメン Rommen, Heinrich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロンメン
Rommen, Heinrich

[生]1897.2.21. ケルン
[没]?
ドイツの法哲学者。ミュンスターとボンの大学で哲学,政治学,法学などを学び,カトリックの社会運動に参加したが,ナチスの弾圧から逃れてイギリス,アメリカに移住。聖ジョセフ・カレッジ,聖トマス・カレッジ,ジョージタウン大学などの教職を歴任。カトリック自然法論の代表的学者。主著『自然法の永劫回帰』 Die ewige Wiederkehr des Naturrecht (1936) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ロンメンの関連キーワードハンチョウ(杭州)特別市リンフェン(臨汾)地区チンチョウ(欽州)湾ロンメン(竜門)峡エンバイロメント新トマス派龍門石窟竜門

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android