コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローマ七王 ローマしちおうSeven Kings of Rome

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローマ七王
ローマしちおう
Seven Kings of Rome

ローマ建国の初期 (伝説によれば前 753~510) に君臨したとされる7人の王たち。建国者ロムルスから,ヌマ・ポンピリウス,ツルス・ホスチリウス,アンクス・マルキウス,タルクイニウス・プリスクス,セルウィウス・ツリウス,タルクイニウス・スペルブスにいたる。彼らのうちのあるものは実在の人物で,後半の3王の名はエトルリア系である。彼らはいずれも独裁王ではなく元老院の権限が強かったらしい。ローマ人の貴族によってエトルリア人の王が追放されて王政は崩壊した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ローマしちおう【ローマ七王】

古代ローマの正史で,前753年から前510年までローマを統治したとされる7人の王。すなわちロムルスヌマ,トゥルス・ホスティリウスTullus Hostilius,アンクス・マルキウスAncus Marcius,タルクイニウス・プリスクスTarquinius Priscus,セルウィウス・トゥリウス,タルクイニウス・スペルブスTarquinius Superbusである。最初の4人はラテン・サビニ系,あとの3人はエトルリア系の王とされるが,各王の実在性,伝えられた事績や統治年代の信憑性をめぐって諸説が対立している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のローマ七王の言及

【ローマ】より

…そのうえローマ人は民族的誇りから自民族の歴史をギリシアの神話と結びつける傾向が強く,そこからトロイア起源説とアエネアス伝説がつくり出された。それによるとアエネアスの子孫のロムルスとレムスという双子の兄弟の前者が初代の王となり,これに続いて,ヌマ・ポンピリウス,トゥルス・ホスティリウス,アンクス・マルキウス,タルクイニウス・プリスクス,セルウィウス・トゥリウスおよびタルクイニウス・スペルブスの6人の王が立ったという(ローマ七王)。伝説はローマの建設を,前814,前753,前751,前748,前729年などと伝えている。…

※「ローマ七王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ローマ七王の関連キーワード紀年法遣唐使年齢万葉集ローマ美術鑑真仏足石国立文楽劇場沖縄島成年

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android