コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワウテルス Rik Wouters

1件 の用語解説(ワウテルスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ワウテルス【Rik Wouters】

1882‐1916
ベルギーの画家,彫刻家。メヘレンに生まれ,同地とブリュッセルアカデミーで彫刻を学び,1908年から,初期の印象派的なアンソールに影響された様式で絵画も手がける。12年にパリを訪れ,筆触で対象を構築するセザンヌの画風から多くを学んだ。第1次大戦に動員され,アムステルダムで病死。透明で鮮やかな色彩を大胆に取り合わせて親密な環境の中の人物像に生きる喜びを表現する作風を見せ,いわゆる〈ブラバント・フォービスム〉の第一人者となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のワウテルスの言及

【ベルギー】より

… 20世紀の主たる美術動向は,キュビスムを別として,ベルギーでも順次その展開をたどりうる。フォービスムは彫刻家でもあったワウテルスに,たくましく構築的なベルギー版表現主義は第2次〈ラーテム派Latemse school〉と呼ばれるペルメーケConstant Permeke(1886‐1952)らの画家に代表される。一方,彼らに先立って,20世紀初頭ヘント近郊の小村シント・マルテンス・ラーテムSint‐Martens‐Latemに住みついた画家デ・サーデレールValerius de Saedeleer(1867‐1941)らの第1次〈ラーテム派〉は,自然と自国の伝統を糧として現実の中の神秘を描こうとした。…

※「ワウテルス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ワウテルスの関連キーワード奥田勝エネルギー準位エネルギー代謝熱エネルギームーニエ彫刻家エネルギー学エネルギーレベルエネルギー・レベルベルギー輓馬 (Belgian Draught)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone