コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワット・プー Wat Phu

1件 の用語解説(ワット・プーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ワット・プー【Wat Phu】

ラオス南部のチャンパサック州にある古代ヒンドゥー寺院遺跡。寺院はメコン川右岸から4km離れたバサック山の山ろくから中腹まで続いている。寺院の手前,河岸より1.5km先へは4重の方形からなる都城跡がのび,その中から5世紀ごろの石碑が出土しており,この史料によりチャンパ王国によるこの地方の征服ないしチャム族系王国の存在が推考される。ワット・プー奥の院は最も初期の建造物と考えられ,チャム様式に従っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ワット・プーの関連キーワードビエンチャンぱさぱさわっぱさっぱちゃんちゃらおかし・いチャンパーどっぱさっぱグランパコちゃんコトノちゃんパサット・ダストチャンパサック県の文化的景観にあるワット-プーと関連古代遺産群

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone