コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワット・プー Wat Phu

世界大百科事典 第2版の解説

ワット・プー【Wat Phu】

ラオス南部のチャンパサック州にある古代ヒンドゥー寺院遺跡。寺院はメコン川右岸から4km離れたバサック山の山ろくから中腹まで続いている。寺院の手前,河岸より1.5km先へは4重の方形からなる都城跡がのび,その中から5世紀ごろの石碑が出土しており,この史料によりチャンパ王国によるこの地方の征服ないしチャム族系王国の存在が推考される。ワット・プーの奥の院は最も初期の建造物と考えられ,チャム様式に従っている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ワット・プーの関連キーワードチャンパサック県の文化的景観にあるワットチャンパサック王国古都アユタヤ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android