クメール(読み)くめーる(英語表記)Khmer

翻訳|Khmer

日本大百科全書(ニッポニカ)「クメール」の解説

クメール
くめーる
Khmer

オーストロアジア系の人種で、モン・クメール語族に属し、カンボジア語を話す民族。クマエもしくはカンプチアと自称し、現在のカンボジアを中心に居住する。揺籃(ようらん)の地はメコン川中流域といわれ、早くからインド文化を受容し、アンコールワットなどを建設したアンコール王朝の末裔(まつえい)にあたる。身長は平均で1.65メートル、皮膚は銅色を帯び、目の色は黒く、短頭で比較的頬(ほお)骨が出ており、毛髪が波状、筋肉質で均整がとれている。挨拶(あいさつ)は顔前での合掌、礼儀正しく、性質は温厚、篤実である。ほとんどが農業に従事し、水田、畑地を耕す。村落は冠水しない自然堤防上にあり、約200人から400人規模で集落をつくり、緩やかな血縁、地縁の共住地を形成する。日常生活は農作業カレンダーに従って営まれる。高床杭上(こうじょう)式の家屋に住み、衣服はサロン(腰巻)にブラウス(女性が着用)と簡素であるが、祭礼にはサンポット(サロンを両足の間からたくしあげ、後ろで結ぶ)という民族衣装を着ける。米飯が主食で、プラホック(魚の塩辛)を添える。人々は篤信的な上座部仏教徒であり、同時に土着の精霊信仰ネアクタも拝む。葬式は、近親者が剃髪(ていはつ)し、僧侶(そうりょ)の読経ののちに荼毘(だび)に付される。1975年からの民主カンボジア政権下において、こうした伝統的な社会が急進的な大改革により壊されたが、79年からのカンボジア人民共和国、そして93年の総選挙による立憲君主制(カンボジア王国)への移行を経て再生しつつある。

[石澤良昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「クメール」の解説

クメール

カンボジア人とも。カンボジアの主要民族。タイ,ベトナムにも居住する。クメール語を話し,上座部仏教徒が多い。6世紀には真臘を建国したといわれ,9世紀にはアンコール朝を築いた(アンコール・ワットアンコール・トム)。カンボジア内では約740万人(1990)。
→関連項目イサーンインドシナカンボジア扶南プノンペンホー・チ・ミン(都市)モン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「クメール」の解説

クメール

〘名〙 (Khmer) カンボジアの主要民族。タイ、ベトナム南部にも分布する。言語上はモン族とともに、モン‐クメール語族を構成する。九世紀から一三世紀にかけてアンコール‐ワット、アンコール‐トムなどの造営を行ない、民族文化の最盛を誇った。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のクメールの言及

【アンコール朝】より

…カンボジアのシエムリアップ市近郊を王都に,9世紀から1432年まで栄えた古代クメール王国。アンコールとは〈都城〉を意味する梵語ナガラのクメールなまりで,王都の後世の呼称である。…

※「クメール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android