コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワッハ Wach, Joachim

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワッハ
Wach, Joachim

[生]1898.1.25. シェムニッツ
[没]1955.8.27. スイス,オルセリナ
アメリカの宗教学者。ドイツに生れ,ライプチヒ大学宗教史私講師 (1922) ,同大学教授 (27) となり,19世紀解釈学史に関する大部の書物『理解』 Das Verstehen (3巻,33) を出したが,その後アメリカに渡り (35) ,プロビデンスのブラウン大学教授 (35) およびシカゴ大学神学部の宗教学と宗教史教授となる (37) 。宗教を比較的,現象学的,心理学的に考察する方法を主張。彼の研究は,宗教学および宗教体験の方法論的基礎づけおよび宗教社会学に向けられている。主著"Sociology of Religion" (44) ,"Types of Religious Experience-Christian and Non-Christian" (51) ,"The Comparative Study of Religions" (58) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワッハ
わっは
Joachim Wach
(1898―1955)

ドイツ生まれの宗教学者。ライプツィヒ、ハイデルベルク大学などに学ぶ。トレルチ、ハルナック、ゼーデルブロム、M・ウェーバー、R・オットーらの影響を受け、ライプツィヒ、ブラウン、シカゴ大学の教授を歴任した。諸宗教の体系的理解に努め、解釈学に基づく宗教理解のみでなく、宗教経験とその表現分野(知的・実践的・社会学的)の連関構造を類型論的に研究した。『理解』Das Verstehen3巻(1926~1933)、『比較宗教学』The Comparative Study of Religions(1958)をはじめ、数多くの著書がある。[平井直房]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ワッハの関連キーワードムハンマド・イブン・アブドゥル・ワッハーブアブド・アルアジーズ・ブン・サウード大阪府大阪市中央区難波千日前ニーダーエスターライヒミス・ワカナ(1代目)フォレスト・ブラザーズ大阪府立上方演芸資料館イブラーヒーム・パシャスライマーン・アガーミス・ワカナ(初代)ワッハ上方の移転問題イブン・タイミーヤイブン・サウード家ムハンマド・アリーイブン・サウードイジュティハードワッハーブ派運動イブンサウードサヌーシー教団ヒジャーズ地方

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワッハの関連情報