コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワリーエフュチュナ Wallis et Futuna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワリーエフュチュナ
Wallis et Futuna

南太平洋,サモア諸島の西方約 400kmにあるワリー諸島フュチュナ諸島(別称オルン諸島)からなるフランスの海外領。火山島とサンゴ島からなる。ウベア島,フュチュナ島,アロフィ島などの主要な島は火山島で,その周囲には堡礁が発達。1767年イギリス人サミュエル・ウォリスが来航,1842年にまずワリー諸島が,次いで 1888年にフュチュナ諸島がフランス保護領となった。1917年植民地,1961年から海外領。行政中心地はウベア島のマタユチュ。住民はポリネシア系。主産物はコプラ,木材。ニューカレドニアやバヌアツへの出稼ぎも多い。面積 140km2。人口 1万3445(2008)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ワリーエフュチュナの関連キーワードF層国際宇宙ステーションISSル・マン24時間レースH-IIBロケットイジェフスクウォサッチ[山脈]カビール砂漠ギブソン砂漠グランド・キャニオン国立公園

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android