コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワリード[1世] Walīd b.‘Abd al‐Malik

世界大百科事典 第2版の解説

ワリード[1世]【Walīd b.‘Abd al‐Malik】

670ころ‐715
ウマイヤ朝第6代カリフ。在位705‐715年。父アブド・アルマリクと同じく帝国のアラブ化と拡大に努めたので内政は安定し,領域は西はイベリア半島から東は中央アジアにまで及び,同朝の極盛期が現出された。またメッカのカーバとメディナの預言者のモスクを増築する一方,ダマスクスにある洗礼者ヨハネの教会を没収し,これをウマイヤ・モスクとして増改築した。【花田 宇秋】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のワリード[1世]の言及

【ウマイヤ朝】より

…在位685‐705)は,これらを平定して帝国を再建した。次のワリード1世(在位705‐715)の時,征服が再開されて同朝は最盛期を迎えた。以後,国家の創建以来続いていた政府とアラブ部族民の対立,アラブ諸部族間の反目,シーア派やハワーリジュ派の反政府活動,非アラブ・ムスリムのマワーリーの不満,ウマイヤ家一族内の対立などが相関しあい,帝国の支配体制は弛緩した。…

【ウマイヤ・モスク】より

…シリアのダマスクスにある現存最古のモスク。706‐714∥715年にウマイヤ朝カリフ,ワリード1世によって建造。かつてローマ時代の神殿の聖域であった所に建てられ,しかも洗礼者ヨハネ教会の一部を転用している。…

※「ワリード[1世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ワリード[1世]の関連キーワードルースアーロンペアクタイバ・イブン・ムスリムマントル(地球内部)コンスタンチヌス使用者責任奈良時代平成の大合併オオタ OD型ウクバ・ブン・ナーフィー近江令

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android