コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーバ カーバ al-Ka`bah

6件 の用語解説(カーバの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーバ
カーバ
al-Ka`bah

メッカにある神殿の名称。方形の建物でその一隅に聖なる黒石がはめこまれている。イスラム前の時代からアラブの宗教の一中心で,多くの神々が祀られていた。 630年預言者マホメットは神殿内のすべての偶像を破壊した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カーバ(Kaaba)

立方体の意》サウジアラビア中西部の都市メッカハラームモスクにあるイスラム教の最も聖なる所。石造の聖殿で、その壁に聖なる黒石が安置されている。「神の館」として、巡礼の目ざすところ。また、礼拝はこの方向に向かって行われるカーバ神殿

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カーバ

イスラムの最も重要な神殿。メッカ聖域の中央部にある石造り・方形(長さ約12m,奥行10m,高さ15m)の建物。カーバとは〈立方体〉を意味し,〈神の館〉とも呼ばれる
→関連項目サラートマフディー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カーバ【Ka‘ba】

メッカにあるイスラムの最も神聖なる神殿。カーバとは立方体を意味する。〈神の館Bayt Allāh〉ともいう。ムスリムは日に5回の礼拝を全世界からカーバに向かって行い,巡礼(ハッジュウムラ)をカーバ目指して行う。コーランではカーバの建設者はアブラハムとその子イシュマエルとされている。伝承によれば,ムハンマドの青年時代のカーバは,高さは人の背丈ほどで屋根もなかったが,火事で焼け落ちたので,ほぼ現在の形に建て直されたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

カーバ【Ka‘ba】

イスラム教徒の第一の聖所。メッカの聖域の中央部にある高さ15メートルほどの直方体の石造りの建物で、東隅に聖なる黒石を安置する。624年、ムハンマドがこれをキブラ(礼拝の方向)と定め、教徒はこの方向に向かって礼拝を行う。 → キブラ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カーバ
かーば
Ka‘ba

アラビア半島のメッカにある立方体の神殿。イスラム教にとっては地上でのもっとも神聖な建造物で、イスラム教徒は、毎日5回のカーバに向かっての礼拝と、一生に最低一度のカーバへの巡礼が義務づけられている。イスラム教勃興(ぼっこう)以前からカーバは存在し、伝説では、『旧約聖書』に書かれているアブラハムが建立したことになっている。預言者ムハンマド(マホメット)は、自らの信仰をアブラハムのそれと同じであると説いて、カーバを神聖視した。現在は巨大な聖(ハラム)モスクの中庭の中央にあり、長さ約12メートル、奥行約10メートル、高さ約15メートルの石造りで1枚の布に覆われている。建物の一隅に聖なる黒石がはめ込まれ、巡礼者はそれに接吻(せっぷん)する。[後藤 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカーバの言及

【石】より

…ブラジルのカインガング族は,葬式の最後に,自分たちの身体に小石をなすりつけながら,石が不死であるように高齢でありたいという願いを唱える。イスラム教の聖地メッカのモスクの中心カーバには,大天使ガブリエルからアブラハムに与えられたと伝えられる黒石が,〈神の地上における真の右手〉としてまつられているが,このような〈神石〉の崇拝の歴史は人類とともに古い。古代の小アジアでも,フリュギアの大女神キュベレは,黒石を神体としていたが,その石が第2次ポエニ戦争の最中の前204年に,はるばるローマまでもたらされ,ハンニバルの猛攻から国を救った女神として,古代ローマ人の崇拝を受けることになった。…

【メッカ】より

…近年の巡礼時には200万人を超える巡礼者を全世界から迎える。町の中心にカーバがあり,それを囲んで広大な聖モスクal‐Masjid al‐ḥarāmがある。市街全域も含めて1辺が30km程度ある菱形の地域が聖域とされ,そこでの流血が禁じられ,異教徒の立入りも禁じられている。…

※「カーバ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カーバの関連キーワードイスラマバードイスライスラエルロビーイスラム聖戦機構ガイスラー放電あっとスライスイスラエル60スライスナイフイスラム諸国会議アイスランドホース種 (Icelandic Horse)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カーバの関連情報