コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワルグラ ワルグラ Ouargla

3件 の用語解説(ワルグラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワルグラ
ワルグラ
Ouargla

アルジェリア南東部,サハラ砂漠の東半分を占めるワルグラ県の県都。首都アルジェ南方約 480kmに位置するオアシスの町。砂漠交通の中心にあるため,サハラ砂漠最古の町の一つで,10世紀にはイスラム教の異端イバード派が,11世紀にはベルベル人とブラックアフリカ人が占拠。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ワルグラ(Ouargla)

アルジェリア東部、サハラ砂漠にあるオアシス都市。10世紀に建設。フランス植民地時代、同地方の支配拠点となった。ナツメヤシ、穀物、柑橘(かんきつ)類の生産が盛ん。産油地ハッシメサウドに近い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ワルグラ【Ouargla】

アルジェリアのサハラ砂漠東部にあるオアシス都市。人口8万9000(1982)。アラビア語Warqala。地下水豊富なミヤの谷にあり,10世紀に開かれた。良質のナツメヤシ50万本をはじめ果物,穀物,野菜が栽培されている。東部オアシスの交通の要衝で,フランス植民地時代は地方支配の拠点であった。独立後もワルグラ県の県庁が置かれ,ハシ・メサウド油田にも近く,人口は著しく増しており,近代的な建物もふえている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のワルグラの言及

【マグリブ】より

…地中海とブラック・アフリカ世界との間には,サハラを縦断する何本かのオアシス・ルートが走っていた。トレムセンやフェス,マラケシュなどからシジルマーサSijilmāsaを経て南下するもの,ビジャヤやチュニスからガルダイアおよびアイン・サラーフ‘Ayn Ṣalāḥを経て南下するもの,ガベスやトリポリからガダメス(グダーミスGhudāmis)やワルグラ(ワールカラーンWārqalān)を経て南下するものなどの商業路を通じ,サハラ以南の地からは,金,奴隷,象牙,麝香(じやこう)などの香料類などが運ばれ,北方からは,塩,毛織物,紙,書物,武器,馬などが運ばれた。このサハラ交易は,ラクダによるキャラバン隊によって行われたが,サハラ遊牧民の中には,その運搬や護衛の任にあたったり,それを略奪の対象としたり,あるいは自らキャラバン隊を編成したりして,莫大な利益をあげるものがいた。…

※「ワルグラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ワルグラの関連キーワードガルダイアムザブ阿爾及タッシリナジェールエルゴレアエルメニアタハト山ハッシメサウドメルズーガサヘル地域

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ワルグラの関連情報