コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワルラスの法則 ワルラスのほうそくWalras' Law

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワルラスの法則
ワルラスのほうそく
Walras' Law

各経済主体は予算制約のもとで各人の効用を最大化するように消費量を決定するが,欲望が飽和しないかぎりはすべての予算を余すことなく最適量を決定する。この予算の制約条件をすべての主体について総計すると,すべての財の需要量の価値額は供給量の価値額に等しくなる。この恒等関係をワルラスの法則という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ワルラスのほうそく【ワルラスの法則 Walras’ law】

経済全体にn個の財が存在するとして,第i財の価格がpi(i=1,2,……,n),各財の価格がp=(p1,……,pn)であるときの第i財の総需要量をDi(p),総供給量をSi(p)(i=1,2,……,n)と記そう。そのとき任意の価格についてが成立することをワルラスの法則という。L.ワルラスがその一般均衡理論の数式化においてしばしば活用したもので,命名はO.ランゲである。この内容を言葉で述べれば,〈経済全体の総需要価値額は総供給価値額に恒等的に等しい〉ということになる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android