ヴィッラ-ロマーナ-デル-カサーレ(読み)ヴィッラロマーナデルカサーレ

世界遺産詳解の解説

ヴィッラロマーナデルカサーレ【ヴィッラ-ロマーナ-デル-カサーレ】

1997年に登録されたイタリアの世界遺産(文化遺産)。シチリア島のピアッツア・アルメリーナの郊外に位置する。3~4世紀に造られた広大な貴族の別荘の跡で、50を超える部屋の床の豪華なモザイク装飾は、ローマ時代の最高傑作とされる。50mを超える大廊下にはライオンやゾウ、カモシカ、キツネなどアフリカでの狩猟の様子、イルカと戯れる図、ビキニ姿で体操をする女性や4頭立ての馬車競技の図などが生き生きと表現されている。モザイクのほかにも床暖房を備えた当時最新鋭の浴場などがあって、これらの保存状態がよいことから、人類の歴史上、重要な時代を例証するものとして世界遺産に登録された。◇英名はVilla Romana del Casale

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android