ヴェネツィアとその潟(読み)ヴェネツィアとそのかた

世界遺産詳解の解説

ヴェネツィアとそのかた【ヴェネツィアとその潟】

1987年に登録された世界遺産(文化遺産)で、イタリア北東部のヴェネト州に位置する。アドリア海の118の小島の上に造られた水の都で、400以上の橋と176の運河で島が結ばれている。9世期にエジプトから聖マルコの遺骸が移送され、15~16世紀には香辛料や絹などの交易で繁栄した。サン・マルコ広場はヴェネツィアの表玄関で町の中心であり、ビザンチン建築の代表的な建物であるサン・マルコ大聖堂、かつては総督公邸として使われた白とピンクの壁画に、四つ葉状の柱頭飾りが印象的なドゥカーレ宮殿、バロック建築の傑作であるサンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂などがある。ヴェネツィアン・グラスで有名なムラーノ島やレース編みで有名なブラーノ島、島全体が墓所となっているサン・ミケーレ島も世界遺産として登録されている。ヴェネツィアは常に治水対策が重要課題であり、地盤沈下と地球温暖化による海面上昇によって問題が深刻化して、水没の危機にさらされている。◇英名はVenice and its Lagoon

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android