コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一之宮貫前神社 イチノミヤヌキサキジンジャ

3件 の用語解説(一之宮貫前神社の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いちのみやぬきさき‐じんじゃ【一之宮貫前神社】

群馬県富岡市にある神社。祭神は経津主神(ふつぬしのかみ)と比売大神(ひめおおかみ)。古称、抜鋒(ぬきさき)大明神・貫前大明神。上野(こうずけ)一の宮貫前神社

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

一之宮貫前(ぬさき)神社

群馬県富岡市にある神社。531年創祀。祭神は経津主神(ふつぬしのかみ)、比売大神(ひめおおみかみ)。楼門、拝殿、本殿などは国の重要文化財に指定。上野国一之宮。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一之宮貫前神社
いちのみやぬきさきじんじゃ

群馬県富岡市一ノ宮に鎮座。古くは抜鉾(ぬきさき)明神、貫前神社とも称す。祭神は、国譲(くにゆずり)神話に活躍する経津主神(ふつぬしのかみ)と、養蚕機織(ようさんはたおり)の神といわれる比売大神(ひめおおかみ)である。社伝によれば、安閑(あんかん)天皇元年3月の創祀(そうし)という。史料上の初見は『新抄格勅符抄』大同(だいどう)元年(806)の牒(ちょう)に神戸(かんべ)2戸をあてられたことがみえる。839年(承和6)には従(じゅ)五位下、その後累進して916年(延喜16)には従二位となる。延喜(えんぎ)の制で名神(みょうじん)大社、のち上野(こうずけ)国一宮として信仰を集め、明治の官制では国幣中社に列せられた。例祭は3月15日。そのほか生弓矢生太刀(いくゆみやいくたち)神事(1月7日)、筒粥(つつがゆ)神事(1月15日)、御戸開祭(みとびらきさい)(3月14日、12月12日)、鹿占(しかうら)神事(12月8日)などの特殊神事が多い。12年ごとの申(さる)年から酉(とり)年にかけて式年遷宮を行うのを例としている。本殿、拝殿、楼門は国の重要文化財である。[茂木貞純]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の一之宮貫前神社の言及

【貫前神社】より

…経津主(ふつぬし)神,比売(ひめ)大神をまつる。現社名一之宮貫前神社。創建年代不詳。…

※「一之宮貫前神社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

一之宮貫前神社の関連キーワード浅間神社香取神宮吉備津神社高麗神社白鬚神社住吉神社貫前神社櫛田神社松陰神社焼津神社

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一之宮貫前神社の関連情報