コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経津主神 フツヌシノカミ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

経津主神 ふつぬしのかみ

日本書紀」にみえる神。
伊奘諾尊(いざなぎのみこと)が火の神迦具土(かぐつち)をきったとき,剣の刃からしたたりおちたが天の安河(やすのかわ)のほとりにあるおおくの岩群となった。これがこの神の先祖であるといわれる。千葉県佐原市の香取神宮,奈良の春日大社などにまつられている。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

経津主神

『日本書紀』の神話などに登場する,刀剣の神格化された神。別名斎主神,斎之大人。伊奘諾尊が軻遇突智を斬ったとき,流れた血から生じた神のひとつ。血が五百箇磐石(多くの岩)になり,それがこの神の祖だとも,血に染まった五百箇磐石から,磐裂神と根裂神が生まれ,その子の磐筒男命と磐箇女命 が,父母だともいう。建御雷神と共に,高天原からの最後の使者として出雲(島根県)に派遣されて,大国主命国譲りを承知させたとされる。千葉県佐原市の香取神宮や,奈良市の春日大社本殿の第二殿などに祭られている。

(吉田敦彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふつぬしのかみ【経津主神】

日本神話にみえる神の名。別名伊波比主(いわいぬし)神。フツは物を断ち切る擬態語で,荒らぶる神々をぷっつり断ち切る刀剣の神。《日本書紀》によると武甕槌(たけみかづち)神とともに高天原(たかまがはら)からの使者として葦原中国(あしはらのなかつくに)に降り,刀剣の威力を背景に大己貴(おおなむち)神に国譲りを迫って成功する(国譲り神話)。《古事記》の同じ神話にはこの神は登場しない。下総国香取神宮の祭神であり,後に奈良の春日大社にもまつられ藤原氏の氏神となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ふつぬしのかみ【経津主神】

記紀神話で、伊弉諾尊いざなきのみことに斬殺された軻遇突智かぐつちの血が岩となり、それを祖とする神。磐筒男いわつつのお・磐筒女いわつつのめの子とも伝える。日本書紀では天孫降臨に先立ち出雲国へ降り国譲りを成功させたとする。香取神宮の祭神。香取の神。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

経津主神
ふつぬしのかみ

石上(いそのかみ)神宮(奈良県天理市)の神剣、布都御魂(ふつのみたま)の神格化。石上の神宝を管理した物部(もののべ)氏は、この剣で天皇の生命を増幅するとともに、この神を奉じて大和(やまと)平定の戦いに加わった。熊野(くまの)上陸後に失神した神武(じんむ)天皇を復活させたのもこの剣で、経津主神が出雲(いずも)をはじめ各地に祀(まつ)られ、また『日本書紀』の諸伝で国譲り交渉の主役となっているのはその一端の反映である。なお『古事記』は、火神殺害条におけるこの神の出現、および国譲り使者条そのほかすべてにおいて経津主神を排しており、剣神として建御雷神(たけみかづちのかみ)を重用するが、これはのちに建御雷神を氏の守護神とした藤原氏の関与による原伝承の改訂である。[吉井 巖]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の経津主神の言及

【香取神宮】より

…千葉県佐原市香取に鎮座。経津主(ふつぬし)神(またの名,伊波比主(いわいぬし)命)を主祭神とし,比売(ひめ)神,武甕槌(たけみかづち)神,天児屋(あめのこやね)命を配祀する。経津主神は鹿島神宮の主祭神武甕槌神とともに,天孫降臨に先立って,この国土を平定したといわれる武神であり,社伝では神武天皇18年の創建と伝えているが,古代大和朝廷の東国経営のはじめ,その前進基地としてのこの地に奉斎されたことに始まる社とみられる。…

※「経津主神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

経津主神の関連キーワード塩竈神社・塩竃神社一之宮貫前神社軻遇突智神伊弉諾尊貫前神社大村神社天津甕星鹿島神宮大己貴命武甕槌神伊達神社赤城神社記紀神話塩竈神社鹽竃神社出雲国吉井軍神

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android